ベビー布団で快適な睡眠~スヤスヤ応援隊~

清潔な状態を維持

赤ちゃんの手

アトピーは肌トラブルの一つで、湿疹が全身に広がってしまい簡単に消すことは出来ません。また、アトピーを発症してしまうと成長するに連れて見た目のコンプレックスにもなってしまうので誰もが予防してあげたいものだといえます。しかし、アトピーは原因が明確ではないので予防方法がないのですが、一つの原因にはアレルギーだと言われています。アレルギーにも色々な種類が存在するのですが、赤ちゃんの頃はほとんど家の中で過ごす他、生後間もない赤ちゃんは布団の上で過ごすことが多いでしょう。家の中には目に見えないハウスダストやダニが潜んでいる可能性もあり、それがアレルギーになってしまうこともあります。そのため、赤ちゃんの頃からアトピーを発症させないためにもまずは予防として清潔な環境を維持してあげることが大切だと考えられます。

赤ちゃんがアトピーを発症するのは早くても生後5ヶ月頃からと言われており、その頃の赤ちゃんはアトピーではなく乳児湿疹も出来やすいので間違われる人も少なくありません。乳児湿疹の場合は生後間もなくして発症することがあるので、アトピーが発症する時期より早ければ間違う可能性は低いでしょう。また、病院でもアトピーと診断されることもあるのですが乳児湿疹とアトピーは全く違うものです。乳児湿疹は基本的に治るもので、肌を清潔な状態にしておけば自然に綺麗に治るので問題ありません。ですがアトピーは自然に治すことが難しく、病院で薬を処方してもらうか市販で購入出来る赤ちゃん用の塗り薬を使用してケアすることが大切です。